フラッシュ脱毛が不向きな人とはこんなタイプの毛

安価で痛みも少ないフラッシュ脱毛が浸透して、永久脱毛も随分と身近になりました。
とはいっても、今現在昔ながらのレーザー脱毛やニードル脱毛を実施しているクリニック系の専門店が姿を消したわけではありません。
では、フラッシュ脱毛ではなくレーザーやニードルをしたほうがいいというのは、どんな方でしょうか。
それには無駄毛の色や、毛質が関係してきます。

フラッシュ脱毛はメラニン色素に反応…つまり、色が濃い部分に反応をする性質を利用して、脱毛をしています。
そのため金髪のように色が薄い毛や、細いウブゲのような無駄毛の場合、フラッシュが反応しないこともあるのです。
一般的な東洋人は肌色に黒い毛ですので、フラッシュ脱毛が有効なのですが、もともと色素が弱い人や、逆に肌の色が濃いと言う人はフラッシュ脱毛は不向きなのです。
ただ同じ原理を利用していても、レーザーの方が力が強いので、毛の色が薄い場合や細い場合は、レーザーでなら脱毛が可能と言うこともあります。
肌の色が濃い場合は、残念ながらレーザーでも危険なので、ニードル脱毛を利用するしかありません。